読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーソナルトレーナーが教えるダイエット教室

パーソナルトレーナーがダイエットについての情報やテクニックを伝授します。

脂質について

脂質とは

糖質、タンパク質と並んぶ三大栄養素の一つです。

細胞膜の生成やホルモンの働きを良くする働きがあります。

エネルギー生産量が多く1g当たり9kcalと豊富なエネルギー量を持っています。

 

脂質が不足すると便秘や肌荒れなどの原因となるため、一般の方からダイエット中の方までしっかりと摂る必要があります。

 

脂質の種類

脂質には様々な種類があり、それぞれ異なった特徴をもっています。

 

飽和脂肪酸

主にお肉や乳製品から摂ることのできる動物性の脂質です。

常温では固体で存在し、水に溶けにくく、摂りすぎることで悪玉コレステロール中性脂肪を増やす特徴があります。摂りすぎには注意したい脂肪酸です。

f:id:TRMTK:20170324152528j:plain

一価不飽和脂肪酸

オリーブオイルのオレイン酸などから摂ることのできる脂肪酸です。

常温では液体で存在し、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす役割があり、熱を加えても酸化しにくい特徴があります。

f:id:TRMTK:20170324152318j:plain

 

多価不飽和脂肪酸

主に魚やナッツから摂ることのできる油です。

常温では液体または柔らかい固体で存在します。

ガン、動脈硬化、高血圧、アレルギー症状などの予防。

悪玉コレステロールを下げ、免疫機能をアップさせます。

f:id:TRMTK:20170324152721j:plain

トランス脂肪酸

主にマーガリンやポテトチップス、ファーストフード店で使われています。

体で消化しにくいため、食べたものが脂肪として蓄積されやすくいのが特徴的で取る必要のない脂です。

f:id:TRMTK:20170324153043j:plain

 

特にダイエット中の方は控えていきましょう!

 

脂質の摂りすぎにも注意

不飽和脂肪酸は体にいい効果がありますが、それでも脂質です。

エネルギー量が多いため、摂りすぎてしまうと体脂肪になります。

特に一般的な方であれば基礎代謝の20%~30%を目安に脂質でまかなうようにお食事に取り入れていきましょう!

 

糖質制限ダイエット中の脂質の摂り方

糖質制限ダイエットを行うと、糖質からはエネルギーが摂れないため、脂質とタンパク質から摂る必要があり、体から糖質がなくなると脂質からブドウ糖を生成して体を守ります。

また糖質制限を行うことで便秘や肌荒れなども起こりやすく、この二つの改善にも脂質が効果的となります。

また成長ホルモンの働きも活発となり、より体脂肪燃焼効果があります。

不飽和脂肪酸をメインにオリーブオイルや魚、アーモンドなどを取り入れながら行っていきましょう!

f:id:TRMTK:20170324153332j:plain

まとめ

脂質はダイエット中に限らず必須の栄養素です。

摂るべき脂質から摂るべきではない脂質しっかりと見極めお食事の中に取り入れていきましょう!

サプリメントで摂取することができるので食事の中で摂れているか不安な方はぜひ取り入れてみてください。